悪質出会い系サイトに騙されるな!     トップページ  |  口コミ検索  |  トラブル相談掲示板  |  各種投稿  |  サイトマップ
 

インターネット事業(通信販売事業)は消費者と事業者が直接対面する事なく行われる取引がメインになるので契約に誤解が生じないかトラブルを避けるために特定商取引の表示と言う法律が義務付けられています。

すべての内容を説明するのは困難なので、悪質出会い系サイトに騙されない為の必要な法第をピックアップしました。

広告の表示(法第11条)
@販売価格(役務の対価) (送料についても表示が必要)
A代金(対価)の支払時期、方法
B商品の引渡時期(権利の移転時期、役務の提供時期) 
C商品の引渡し(権利の移転)後におけるその引取り(返還)についての特約に関する事項(その特約がない場合にはその旨)
D事業者の氏名(名称)、住所、電話番号
E事業者が法人であって、電子情報処理組織を利用する方法により広告をする場合には、当該販売業者等代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名
F申込みの有効期限があるときは、その期限
G販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときは、その内容およびその額
H商品に隠れた瑕疵がある場合に、販売業者の責任についての定めがあるときは、その内容
Iいわゆるソフトウェアに係る取引である場合には、そのソフトウェアの動作環境
J商品の販売数量の制限など、特別な販売条件(役務提供条件)があるときは、その内容
K請求によりカタログなどを別途送付する場合、それが有料であるときは、その金額。
L電子メールによる商業広告を送る場合には、事業者の電子メールアドレス

ネット上でサービスを行うには上記の項目を満たす必要があります。

よく、うちは無料サービスだからなどといって特定商取引や会社概要を記載しない事業者がいますが、特定商取引には『無料サービス』である事を記載しなければいけません。事業者がなんらかのサービスを行うのであれば、特定商取引の表示は絶対に必要です。

出会い系サイトの中には特定商取引を記載していない業者があります。

もちろん、理由は記載できない事をやっているからです。

会社概要がない』にも書いていますが、論外ですので絶対利用してはいけません。

 

結局トラブルに遭わない為にはどうすればいいのか?サイトのまとめ